menu

指輪手作り体験 Archives | 手作り指輪体験してみよう!in東京

HOME » 指輪手作り体験

指輪手作り体験

手作り指輪を東京で作ることが出来る場所は?

エンゲージリングやマリッジリングは、左手の薬指にするのが通例になっています。
はるか昔は、この薬指にはめる指輪は愛の靜脈とも言われていました。
小指の赤い糸で運命の人に出会い、中指が愛を感じて、運命と愛の間の薬指が恋を叶えてくれて永遠の契りを結んだのです。
このように古代ローマから、指輪は薬指の愛の伝説として語られていますが、愛を育んでいる恋人達のロマンティックな願望でもあります。
このロマンティックな愛の願望は、いつの世も変わりなく言い伝えられていくでしょう。
≫ 続きを読む

手作り指輪を東京で作る費用は?

今回は、指輪を渡す風習が世に広まった由来と、手作り指輪を東京で作るのに必要となる費用について、説明したいと思います。
かつて指輪は、飾り物ではなく魔よけとして使われていました。
当時は鉄のリングを魔除けとして身に着けていました。
そして次に、指輪に装飾されたのがダイヤモンドです。
≫ 続きを読む

手作り指輪制作in東京!作る時間はどのくらい?

今回は、手作り指輪を東京で作る際の時間について説明します。
まずは、指輪の種類についてのお話です。
結婚にまつわる指輪は、婚約指輪と、結婚指輪の2種類あります。
この2種類の指輪には、それぞれの意味合いがあるのです。
婚約指輪とは、男性が女性に愛を告白して、結婚を申し込む時に贈る指輪が婚約指輪と言われ、結婚への約束事で結婚への準備期間でもあります。
その婚約期間に結婚の日取りや結婚式場などを決めるとても大事な期間です。
≫ 続きを読む

手作り指輪ができる東京の工房の選び方

今回は、手作り指輪を作れる東京の工房の選び方について、詳しく紹介したいと思います。
みなさんは、パズルリングというものをご存知でしょうか?
結婚指輪として、このパズルリングが用いられた時代もありました。
パズルリングとは、パズルのようにバラバラになる指輪のこと。
このリングを元の指輪の形に直せるのはご主人だけです。
≫ 続きを読む

手作り指輪を東京でハンドメイドしよう!

今回は、手作り指輪を東京の工房でハンドメイドする方法について紹介します。
いきなりですが、まずは財宝の物語をします。
黄金伝説は、夢とロマンの物語です。
ジパングと呼ばれていた頃の日本を黄金の国だと、探検者のマルコポーロが東方見聞録に記録していたました。
冒険者たちは、黄金の国である日本に目指したのです。
夢とロマンの黄金の国に辿り着いたのでしょうか。
≫ 続きを読む

手作り指輪を東京で作る!ブランドと比較しよう!

今回は、手作り指輪サービスを展開する東京の工房で作った指輪とブランド物の指輪の価値を、比較して考えてみたいと思います。
ブランドとは、自分で作った製品に自分の名前や考えた名称を付けることによって、ブランド化することをいいます。
その商品を気にいって買われる方が増えることにより、商品価値が高くなり、ブランド品と呼ばれるようになるのです。
≫ 続きを読む

手作り指輪in東京!婚約指輪も作れるの?

手作り指輪の素材には、プラチナ、ゴールド、シルバーなどが用いられていますが、その中でもシルバーは、手作り指輪の体験によく使われています。
本来シルバーは、性質上柔らかいためキズがつきやすい素材です。
その柔らかいシルバーを硬くする方法として、純銀に銅などの割り金を混ぜ合わせ、耐久性のある銀合金に作り変える方法が用いられます。
≫ 続きを読む

手作り指輪を作る!東京で結婚指輪が作れるの!?

結婚指輪のルーツは、2000年以上前にローマ教皇が鉄で作ったリングを結婚の誓いとして贈ったと言われていますが、伝説ですので定かではありません。
でも、日本では50年位前に結婚式での指輪の交換が行われるようになったのは事実です。
バレンタインにチョコレートを渡す習慣も同じような意味をもっています。
≫ 続きを読む

手作り指輪を東京で!ワークショップや店舗は?

手作り指輪の素材には、プラチナが使用されています。
婚約指輪や結婚指輪には、永遠の輝きのプラチナの素材が適しているようです。
プラチナは、白金と言われ、その輝きは色あせることのない強さがあります。
プラチナが発見されたのは、コロンビアにあるピント川で、白い金属が発見されたものがまさにプラチナでした。
この白い金属は、ピント川の小さな銀と呼ばれていました。
白金であるプラチナの光沢のある輝きが、小さな銀にも見えたのでしょう。
≫ 続きを読む